平均値と階級値について!

問題を見ながら順に考えていきましょう☆

 

とりあえず表を埋める!

問題 下の表はある中学校の生徒20人の体重を示したものです。次の問いに答えなさい。

平均値・階級値

(1)A〜Cにあてはまる数を答えなさい。

(2)生徒20人の体重の平均値を答えなさい。

 

 

Aを考えます!

 

平均値・階級値2

答え A=44

 

 

Bを考えます!

平均値・階級値3

答え B=4

 

 

Cを考えます!

平均値・階級値4

 

C=44×3=132

答え C=132

 

 

階級値・・・階級値の真ん中の値

例えば54kg以上~58kg未満の階級で、階級値を答えるときは

\(\frac{54+58}{2}=56\)

階級値 56

となります!

 

平均値を考える!

平均といえば全部足して度数の合計で割ればOKでした☆

平均値について!

平均値・階級値5

 

38kg以上~42kg未満は2人いることが上の表からわかります☆ 

このとき一人一人の体重はわかりませんが、38kg~42kgであることは間違いありません!

「真ん中をとって2人とも40kgだとしよう!」と考えます!

☝️この40kg階級値です!

 

表の右端にある(階級値)×(度数)がその階級の合計となります。

それらをすべて足すと1008になる!

1008が体重の合計です☆

それを度数の合計(生徒20人)で割ればよいから

\(\frac{1008}{20}=50.4\)

 

体重の平均値は

答え 50.4kg

 

まとめ

◯ 階級値とは階級の真ん中の値である!


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ