簡単にわかる!平方根

平方ってなんでしょう?

平方は2乗のことです!

例えばこんな問題があります☆

 

問題 5の平方を答えなさい。

 

 

平方とは2乗のことだから

\(5^2=25\)

よって

答え 25

 

 

平方根とは?

まず問題からみてください☆

問題 25の平方根を答えなさい。

 

問題を違う文章で書き直してみます!

 

『問題 25は何を2乗した数か答えなさい。』

 

 

☝️つまり

平方根=何を2乗した数か

 

25は何を2乗した数かを答えればいいので

\(25=5^2\)

\(25=(-5)^2\)

 

よって

25の平方根は±5です!

☝️5,−5と答えても正解です!

 

√って何?

25の平方根は±5でした!

それでは7の平方根はいくつでしょうか?

 

2乗して7になる数はありません!

だから√(根号)を使って表します☆

 

問題 7の平方根を答えなさい。

答え \(±\sqrt{7}\)

☝️プラスマイナスルート7と読みます!

 

 

まとめ

◯ 25の平方根は±5

◯ 7の平方根は\(±\sqrt{7}\)

 

√(根号)はどういったときに使うか覚えておいてください☆


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ