みんなが間違える「分数」の注意点!

文字のルールを使いこなすには、たくさん問題を解いて慣れる必要があります。

  • ×を省く
  • 文字と数字では、数字を先に書く
  • 同じ文字の積(×)は、累乗の指数を使って書く
  • 記号÷を使わないで、分数の形で書く

 

文字の位置が大切!

この関係を知っている必要があります!

\(\frac{1}{5}a=\frac{a}{5}\)

\(\frac{1}{5}a=\frac{1}{5}×a=\frac{1}{5}×\frac{a}{1}=\frac{1×a}{5×1}=\frac{1a}{5}=\frac{a}{5}\)

すべての文字の前には\(1\)が省略されている!

 

詳しくは↓

数学で使う文字のルールを知ろう!

☝️\(a\)の位置は「真ん中」か「上」ならOKです!

「下」にあったらダメです!!

\(\frac{1}{5}a=\frac{a}{5}≠\frac{1}{5a}\)

 

 

間違えやすい問題を紹介

問題 \(\frac{1}{5}(x-y)\)を記号÷を使って表しなさい。

 

正解!

\(\frac{1}{5}a=\frac{a}{5}\)

\(\frac{1}{5}(x-y)\\=\frac{x-y}{5}\\=(x-y)÷5\)

⭕️答え \((x-y)÷5\)

 

間違えやすい!

\(\frac{1}{5}(x-y)=1÷5×(x-y)\)

❌答え \(1÷5×(x-y)\)

記号「×」を使っているので問題に合わない!

 

 

まとめ

分数,注意点

分数では「文字の位置」をしっかり確認しましょう!

文字式の意味を答えられるかな?


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ