連立方程式の利用 その④

お決まりのです☆

  • わからない(求めたい)数を文字で置く!
  • 文章を読みながら方程式をつくる!
  • 答え方に注意する!

とにかく問題に慣れること!

問題 A君とB君は現在それぞれ貯金があります。A君が5000円貯金すると、A君の貯金がB君の貯金の3倍になる。B君が5000円貯金すると、B君の貯金がA君の貯金の2倍になる。A君とB君の現在の貯金額をそれぞれ求めなさい。

 

90%くらいの確率で、問題文の最後の文字を置けばOK!

現在の貯金額A君を\(a\)円、B君を\(b\)円とする

◯ 文字の種類は好きな文字でOK!

「A君が5000円貯金すると、A君の貯金がB君の貯金の3倍になる。」

より

\(a+5000=3b…\)①

◯ A君が5000円貯金したら残高が\((a+5000)\)円になります!

「B君が5000円貯金すると、B君の貯金がA君の貯金の2倍になる。」

より

\(b+5000=2a…\)②

◯ B君が5000円貯金したら残高が\((b+5000)\)円になります!

よって

\(\begin{cases} a+5000=3b…① \\ b+5000=2a…②\end{cases}\)

①より 

\(a=3b-5000…\)③

これを②に代入して

\(b+5000=2(3b-5000)\)

\(b+5000=6b-10000\)

\(-5b=-15000\)

\(b=3000\)

 

\(b=3000\)を③に代入して

\(a=3×3000-5000\)

\(a=4000\)

 

よって

答え A君4000円、B君3000円

答え方に気をつける!

 

 

まとめ

毎回毎回同じまとめになって申し訳ないです!

1 文字を置く

2 式を作る

3 計算する

4 答える

5 確認

 

毎回同じと気づいている人は、連立方程式の利用にすっかり慣れているということです☆

問題は違っても解く流れは同じです!

基本を押さえてから、難しい問題にチャレンジしましょう☆

がんばってください!


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ