めっっちゃシンプル!三平方の定理

三平方の定理の定理はこれだ!

わかりやすい!三平方の定理

\(a^2+b^2\)\(=\)\(c^2\)

この式を知っていればオッケーです☆

 

三平方の定理で気をつけること

◯ 直角三角形じゃないと使えない!

◯ 90°を作っている辺を2乗してたす!

\(a^2+b^2\)\(=\)\(c^2\)

赤くなっているところを意識して覚えてください☆

 

式だけを覚えようとするとすぐに忘れてしまうので、問題を解きながら身につけるといいです!

例題① \(x\)の値を答えなさい。

三平方の定理

直角三角形なので三平方の定理が使えます!

\(8^2+6^2\)=\(x^2\)

\(64+36=x^2\)

\(x^2=100\)

\(x>0\)より ☝️長さだからマイナスはおかしいよ!

\(x=10\)

 

 

例題② \(x\)の値を答えなさい。

わかりやすい三平方の定理

\(x\)の位置が変わっていても大丈夫です!

大切なのは
どの辺が90°を作っているかです!

\(x^2+5^2\)=\(13^2\)

\(x^2+25=169\)

\(x^2=144\)

\(x=12\)

 

 

まとめ

 

どの辺が90°を作っているかを確かめて、あとは2乗してたすだけです☆

\(a^2+b^2\)\(=\)\(c^2\)


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ