線対称 ~めっちゃわかる基本!~

線対称とは「鏡」である!

下の図の長方形は、対称の軸lで線対称となります。

線対称

対称の軸lで線対称とはどういうことか?

対称の軸lで折り曲げるとピッタリと重なるということです!

鏡に反射した感じになります。

 

覚えておくこと

よく出るパターンの問題

◯ 対応する点を答えなさい。

◯ 対応する辺を答えなさい。

これは知らないと答えられないので絶対に覚えてください!

 

☝️対応する=重なる

 

先ほどの図で問題を解いていきましょう!

例題 下の図の長方形は対称の軸lで線対称です。次の問いに答えなさい。

(1)点Bと対応する点を答えない。

(2)辺CDと対応する辺を答えなさい。

線対称

 

 

(1)対応する点は重なる点のことです☆

あとは対称の軸lで折り曲げて、ピッタリ重なる点を答えればいいので

答え 点C

 

(2)対応する辺は重なる辺のことです☆

あとは対称の軸lで折り曲げて、ピッタリ重なる辺を答えればいいので

答え 辺BA

 

ここで注意!

辺CDと対応する辺を答えなくてはいけないので、辺BAが正解です!

※ 辺ABと答えてしまうと不正解になるので気をつけてください!

 
まとめ

◯ 線対称は対称の軸で折り曲げるとピッタリ重なる!

◯ 対応するとは重なるということ!

 

以上を忘れずに頑張ってください☆


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ