一次方程式を解くために必要!「移項」

ポイントは2つ!

  • =(イコール)を飛び越すときは符号が変わる
  • 文字は左、数字は右に集める

それでは問題で確認していきましょう!

 

例① \(x+3=10\)

この問題で式が成り立つためには\(x\)の値がいくつになればいいでしょう?

 

 

 

 

 

正解は\(x=7\)です!

 

これがわかったあなたは完璧です!

\(x\)(何か)に\(3\)をたして\(10\)になるってことは\(x\)(何か)は\(7\)になります。

しかし、この解き方では式が複雑な場合、問題を解くのに時間がかかってしまいます。そこで次のような方法で解きましょう。

 

 

1.=(イコール)を飛び越すときは符号が変わる!

ここで大切なのは、最終的には

\(x\)=答え

にしたいということです。
(左辺に\(x\)、右辺に答え)

ということで

例① \(x+3=10\)を解くには、左辺を\(x\)だけにしたいので\(3\)が邪魔です!

 

左辺にある\(3\)を右辺に移動させます

項を移動させることを移項といいます!

 

=(イコール)を飛び越すときは符号が変わるから

 

\(x=10-3\) となります

あとは右辺を計算して

\(x=7\)

 

解き方をまとめると

\(x\)\(+3\)\(=10\)
\(x~~~~~~\)\(=10\)\(-3\)
\(~~~~~x=7\)

 

それではもう1問いきましょう!

 

 

2.文字は左、数字は右に集める

例② \(2x-5=x+4\)

最終には「\(x=\)答え」(左辺に\(x\)、右辺に答え)にしたいので

\(2x\)\(\underline{-5}\)\(=\)\(\underline{x}\)\(+4\)

文字数字」にしたいから

\(2x\underline{−x}\)\(=\)\(4\underline{+5}\)

 

あとは計算して

\(x=9\)

 

下線部の項を移項して問題を解くことができました!

 

まとめ
  • =(イコール)を飛び越すときは符号が変わる
  • 文字は左、数字は右に集める

移項とは?なぜ移項すると符号が変わるのか?


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ