毎日問題を解こう! 41

問題 連立方程式\(\begin{cases} 3x-4y=10 \\ 4x+3y=30\end{cases}\) を解きなさい。

 

 

 

加減法を利用する

連立方程式の解き方 加減法

 

\(\begin{cases} 3x-4y=10\cdots① \\ 4x+3y=30\cdots②\end{cases}\)

①×4、②×3より

\(\begin{cases} 12x-16y=40\cdots①’ \\ 12x+9y=90\cdots②’\end{cases}\)

①’-②’より

\(~~~~~12x-16y=40\\\underline{-)~12x+~~9y=90~}\\~~~~~~~~~~~-25y=-50\\~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~y=2\)

\(y=2\) を②’に代入して

\(12x+9×2=90\\12x+18=90\\12x=72\\x=6\)

答え \(x=6\\y=2\)

 

 

代入法

連立方程式の解き方 代入法

 

加減法、代入法のどちらでも解くことができます!

今回の場合は代入法で解くと分数がでてきます。
時間がかかってしまうのであまりおすすめできません!

 

 

まとめ
  • どちらでも解くことができるので、無駄なく解ける方法を選択しよう!

毎日問題を解こう! 42


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ