中央値について☆ ~真ん中の落とし穴に気をつけろ!~

中央値とは真ん中の値である!

問題 下の表で、中央値を求めなさい。

平均値・中央値

 

絶対に知っておこう!

  • 中央値は真ん中の値である!

 

 

問題の表で、真ん中の値はどこになるか?

平均値・中央値

全部で44人だから、1番〜44番の真ん中は

\(\frac{1+44}{2}=22.5\)

よって22.5番の人の値が中央値となる!

ちょうど真ん中の求め方!

 

しかし22.5番の人は存在しません!

22人と半身みたいになってしまいます!

 

 

22.5番は「22番の値」と「23番の値」の真ん中を求める!

まずは表から「22番の値」と「23番の値」を探します!

平均値・中央値

中央値

 

よって

22番の値は8点

23番の値は8点

 

22.5番の値

22番と23番の値の真ん中だから

\(\frac{8+8}{2}=8\)

8点

 

答え 中央値 8点

 

 

間違いやすいポイント!

44人の真ん中は何番かが重要!

なんとなく22っぽいですよね?

 

0番から44番であれば

\(\frac{0+44}{2}=22\)

 

ですが0番の人は存在しません!

 

必ず1番から44番になります☆

よって

\(\frac{1+44}{2}=22.5\)

 

注意してください☆

 

 

まとめ
  • 中央値は真ん中の値である!
  • \(44\)人の真ん中は\(22.5\)番!
  • \(22.5\)番は「\(22\)番の値」と「\(23\)番の値」の真ん中を求める!

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ