三平方の定理 覚えること☆(辺の長さ)

覚えておけば問題を解くスピードが上がる☆

 

⇩三平方の定理の復習はこちらから

めっっちゃシンプル!三平方の定理

 

覚えておくといいのはこの3つ!

◯ 3、4、5

◯ 5、12、13

◯ 8、15、17

 

いずれも三平方の定理を使うと求めることができます!

「じゃあ覚えなくてもいいじゃん!」

と思ったあなた!

⇧とっても鋭いですw

 

実は覚えるのはスピードが上がるだけではないのです!

 

 

なぜ覚えておくといいのか?

◯ 3、4、5

◯ 5、12、13

◯ 8、15、17

三角形の辺がこのいずれかのパターンになる場合は

角が必ず90°となり直角三角形だとわかるのです!

三平方の定理 覚える1

 

もしこんな三角形を見たら・・・

 

 

すぐに頭の中で置き換えてください!!!!

三平方の定理 覚える2

 

まとめ

三角形で、辺の長さが

◯ 3、4、5

◯ 5、12、13

◯ 8、15、17

のときは、必ず直角三角形になる!

 

 

知らないと問題が解けないことがあるので注意です☆

 

 

入試問題に挑戦!


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ