度数分布表から相対度数を求める!

問題 下の表は、\(40\)人に聞いた\(1\)ヵ月間に読んだ本の冊数を度数分布表に整理したものです。読んだ本の冊数の中央値を含む階級の相対度数を答えなさい。

度数分布表

 

 

中央値を調べる!

「読んだ本の冊数の中央値を含む階級の相対度数を答えなさい。」より、まずは中央値を求める。

中央値について☆ ~真ん中の落とし穴に気をつけろ!~

 

全部で\(40\)人いるから、ちょうど真ん中は

\(\frac{1+40}{2}=20.5\)

よって、\(20\)番と\(21\)番を調べればいいから

度数分布表,中央値

度数分布表より、\(5\)冊以上\(15\)冊未満までに\(22\)人いることがわかる。

\(20\)番「\(5\)冊以上\(15\)冊未満」

\(21\)番「\(5\)冊以上\(15\)冊未満」

 

よって、中央値\(20.5\)番は「\(5\)冊以上\(15\)冊未満」

 

 

相対度数を求める!

「\(5\)冊以上\(15\)冊未満」の相対度数を求めればいいから

超簡単☆ ~相対度数について!~

度数分布表

「\(5\)冊以上\(15\)未満」は\(40\)人中\(8\)だから

\(\frac{8}{40}\\=\frac{1}{5}\\=0.2\)

 

答え \(0.2\)

 

 

まとめ

中央値を求めてから相対度数を求める問題でした。

どちらか一方だけわかっても正解することができません。

まずは基本をしっかりと押さえておきましょう♪


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ