三平方の定理 練習問題①

問題 下の図でAD、ACを答えなさい。

三平方の定理 問題

まず、それぞれ角度がわかるので、図に書き込んでみます!

三平方の定理 解説

△ABCと△ADCは三角定規と同じ形です!

つまり、あの比が使えます☆

あの比とは?

 

ADの長さは

\(2:\sqrt{3}=10:AD\)

\(2AD=10\sqrt{3}\)

\(AD=5\sqrt{3}\)

 

比例式の計算の仕方はこちらどうぞ

 

ACの長さは

\(5\sqrt{3}:AC=1:\sqrt{2}\)

\(AC=5\sqrt{6}\)

 

まとめ

 

三平方の定理の問題で大切なのは、どの辺が90°を作っているかでした☆

そして今回からは、三角定規がでできたら要チェックです!

三平方の定理 練習問題②


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ