投影図とは?

投影図=立面図+平面図

投影図

投影図から立体がイメージできればOKです!

この投影図から何の立体ができるかわかりますか?

 

覚えること!

◯ 立面図・・・真正面から見た図!

◯ 平面図・・・真上から見た図!

投影図

この投影図で表される図形は直方体(四角柱)です!

直方体

 

 

問題 次の投影図で表される立体の名前を答えなさい。

投影図2

 

 

 

立面図(真正面)が三角形、平面図(真上)が円だから

答え 円錐

 

 

 

 

同じ立体でも見る方向によって投影図は違う

次の立体はどちらも三角柱です。

投影図,三角柱

立体の向きが違うので投影図も違います!

投影図,三角柱

見える線は実線、見えない線は破線で書きましょう!

 

 

 

まとめ

◯ 投影図=立面図+平面図

◯ 立面図・・・真正面から見た図!

◯ 平面図・・・真上から見た図!

 

「上が立面図、下が平面図」を忘れないようにしてください!

 

立面図は立ってる立体を正面から見る!
平面図は身近なところでいくと、地図です。地図は真上から見たものですね!

投影図

毎日問題を解こう! 31 ~投影図の問題~


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ