三平方の定理 覚えること☆(三角定規)

三角定規を知っていますか?

三角定規

小学校で使いましたね!

この三角定規のそれぞれの角度は何度だったか覚えていますか?

 

三角定規

三角定規は辺の比がわかる!

三平方の定理

1番重要なこと

30°、60°、90°の直角三角形では辺の比は必ず

1:2:√3

になります!

 

45°、45°、90°の直角三角形(直角二等辺三角形)では

辺の比は必ず

1:1:√2

になります!

 

 

三平方の定理の定理を使って計算すると簡単に証明することができます。

check⇨めっっちゃシンプル!三平方の定理

\(1^2+\sqrt{3}^2=2^2\)

\(1^2+1^2=\sqrt{2}^2\)

 

まとめ

 

30°、60°、90°の直角三角形

\(1:2:\sqrt{3}\)

 

45°、45°、90°の直角三角形

\(1:1:\sqrt{2}\)

 

\(\sqrt{2}=1.41421356…\)

\(\sqrt{3}=1.7320508…\)

三角形は斜辺が1番長い辺です☆

三平方の定理 練習問題①


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ