連立方程式を勉強するときに最初に読むべし!

何事も最初が肝心⁉︎

まずはどんな感じかイメージを膨らませよう☆

連立方程式

 

 

方程式が連立している!

連立方程式と聞いて「何だかややこしそう」と思う気持ちはよくわかりますw

  • 連立方程式=方程式が連なっている

方程式が連なって(並んで)いるということ!

\(\begin{cases} 3x+y= 8 \\ x+3y= 0\end{cases}\) 

⇧方程式が連なって(並んで)います☆

 

方程式の解き方を忘れてしまった人はこちら

一次方程式を解くための基本的なこと

 

 

連立方程式の解き方は2つある!

基本的には「文字が2つ、式が2つ」の連立方程式が中学では一般的です!

\(\begin{cases} 3x+y= 8 \\ x+3y= 0\end{cases}\) 

また、「2の文字をうまいこと1つに減らして解く」が基本になります☆

例えば \(x\) を消して、\(y\) だけの式にしてしまうということです!

 

「2の文字をうまいこと1つに減らして解く」方法が次の2つです!

  • 代入法…代入して文字を減らす!
  • 加減法…足したり、引いたりして文字を減らす!

 

どちらの方法で解いても必ず答えは同じになります☆

これが数学のイイところです!

 

代入法、加減法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

最終的には効率よく使い分けて、無駄がないように問題を解きます!

 

 

まとめ
  • 連立方程式は文字を減らして解いていく!
  • 代入法と加減法がある!

 

 

連立方程式の解き方 加減法

連立方程式の解き方 代入法

 


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA



スポンサーリンク

このページの先頭へ